« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の記事

2007年7月31日 (火)

げんき村でお買い物

ありゃ?シンガポール後編、もう少々お待ちくださいっ!

Photo_176

昨日、豊栄のげんき村で、水ナス、オクラ、モロッコいんげん、人参、エリザベスメロン、桃、カボチャ、枝豆を購入!

実を言うと、お財布忘れて午前中に2往復しました。
(よくやりますっ)

もう、「悲しい」と言う言葉以外、見つからない…

ところでこの桃ですが、とってもお買い得!
11個で500円ですよっ☆
昨日、ジャスコで2個780円の桃を見たばかりなので驚きですっ

まぁ、1000円1箱のものを「ハーフにできますか?」とお願いしちゃったんですけどネ…ヘヘ

これが甘くてジュースィーで、贅沢に丸かじりしちゃいました。
やっぱ、直売所は新鮮で安いっ!

Photo_178

こんな風に遊んだりも…
シンガポールで、飾り切りも体験したんですよ!
詳しくは、後編でお伝えします。

枝豆もね、今の時期はほとんどが「湯上り娘」なんですが、農家さんによって全然味が違うんですよ!試食が置いてあって、食べ比べしてきました。7農家さんぐらいあったかな?もう、正直味わかんなーいっ☆

結局、直感で「雪娘」と言う食べたことの無い品種を選びました。
曽我さんの「湯上り娘」ほどではありませんでしたが、かなりレベル高かったです。

Photo_177

いっぱい入ってたから、少し出しておいて別の料理に使おう。

たった今、スキマスイッチのNEWアルバムを買って来ました♪
少年が嬉しそうに買って行く姿を見てほのぼのしちゃったなぁ…

それから、ついにファンクラブとやらにも入会しちゃいました。
今まで、何回か揺れたことはありますが…(B'zとか、笑)

ファンクラブなんて…
小学生の頃、同じクラスのサッカー少年「みっちゃん隠れファンクラブ」に入って以来です。

でもね、理由があります。
こないだ、コンサートのチケットを倍額以上で買ったのが悔しかったからです。ファンクラブに入れば取れるかな?と思ったのですが…あまいかな?

NEWアルバムはベストなので、そんなにファンじゃない人も聞けると思うからオススメしちゃいますっ☆

つーか、これを聞いたら貴方も瞳がハートになること間違いなしっ!ハハハ

| | コメント (0)

2007年7月29日 (日)

夏の楽しみ

まだまだ続くシンガポール日記。まるでロード…
今日はちょっと一休み。

今週末は、夏らしいつまみにルービーを楽しみましたBeer_8

Photo_172

オイキムチです。

昨年末に作った「だいこんキムチ」が好評だったので、今度はキュウリで作ってみました。

あさどり菜園で、大倉農園さんが陳列していた朝採りの新鮮キュウリをいただいて来ました♪

後ろに薄っすら映っているのは、曽我さんのアスパラで作ったアスパラベーコンです。アスパラの味が濃いっ!

Photo_173

同じくあさどり菜園にて、曽我農園さんの「湯上り娘」を購入Been_6

この茶豆風味の枝豆、昨年食べて以来忘れられない味になりました。やみつきです。また買いに行こう…

Photo_174

ジャスコの炭火焼鳥っ♪
鶏皮とネギ間が好きです。

ジャスコの焼き鳥はウマイっす!
実は、会社帰りにお腹がすいてたまらない時、よく買います。ハハ
ごはん作りながらつまむのが最高っ

Photo_175

生ハムで、カマンベールを包んでいます。
もう、止まりません…

こんなつまみを食べながら楽しいテレビを見て、ルービー飲むのが夏の楽しみなのだKira_16 ハッハッハ

| | コメント (0)

7/14「おでかけ」其の二

フラトンホテルでセレブ体験した後は、フリー。

今日のフリープランもできてますっ!
みんなに「今日のコースは?」と聞かれます。
いつの間にか私はプランナーに…

嬉しいことです。好きでやってますから。

今日は昨日のメンバーに新しい仲間が1名増えました♪
だんだんみんな慣れて来ました。みんなで楽しまなきゃね~☆

英会話が得意な人、地図が読める人、みんなの力を合わせると、ホントっ!素晴らしい旅になります。

---------------------------------------------------

○本日のコース

フラトンホテルから徒歩でスグ!

「マーライオン公園」
とりあえず、シンガポール来たら見とけっ!

 ↓

「エスプラネード・シアター・オン・ザ・ベイ」
ウォーターフロントの巨大ドリアン(建物)☆

 ↓

「ラッフルズ・ホテル(2回目)」
新メンバーが行ってみたいとのこと。今度は夜を体験!

 ↓

「マリーナ・センターのオープンカフェ」
ホーカーズの予定でしたが、予期せぬ花火大会で人が多く断念。

---------------------------------------------------

STEP 1 マーライオン公園

Photo_164

フラトンホテルが開業した1年後、2002年にマーライオンはウォーターフロントへ移動して来たそうです。

今日は偶然、「マーライオン公園」で花火大会があるらしく、たくさんの人で賑わっていました。

このマーライオン「世界三大がっかり」の一つと言われてますね。
別にがっかりはしなかったけど…

私、もう一つのブリュッセルの小便小僧も見たことあります。
残すは、コペンハーゲンの人魚像、いつか見に行きたいなぁ…

Photo_165

違う角度からもう一枚!
なんか哀愁漂ってます。

Photo_166

ちびマーライオンも!
よく見ると口からお水が出ています。
なんか、奇妙ですねぇ…

---------------------------------------------------

STEP 2 エスプラネード・シアター・オン・ザ・ベイ

写真がな~い!
撮り忘れ。とにかく人が多くそれどころでは、、、

ここの建物ですが、シンガポール湾のランドマーク的存在で、ドリアンのような形をしているキラキラした巨大ドームです。

劇場や音楽ホール、ショップやレストランも入っていて、若者で賑わっています。

外で休憩をしていると、「ん?」空でハングライダーのような物に乗った人が舞っています。一人、二人……五人?

屋外コンサート会場のような場所から歓声が沸きあがります。
そこへ人が降りて行きます。

シンガポールのアイドルか?
客は皆、赤い服を着ています。

私達は、この赤い集団のおかげで、この後大変なことに…

行こうとする道全てが行き止まり。
日本のように、親切に事前案内がありません。
最終地点まで行って、あと一歩の所でポリスマンに止められます。

ひどいわぁ~~(泣)
歩きで一方通行ってどうゆうことぉ?

私は元気だけど、母のこと考えると、これ以上無駄に歩くのは危険。みんな母のこと心配してくれてとても温かい。ジンワリ

こんな時はガイドブック!
すると、地下道があります。
地下道ならば、止められることは無いだろう…

結局、行こうとしていた場所は断念し、花火までの時間潰しに再びラッフルズホテルへ行くことにしました。

---------------------------------------------------

STEP 3 ラッフルズ・ホテル

Photo_167

先日アップした中庭の写真、夜バージョン☆
ムードたっぷり。すてき

Photo_168

新メンバーの方が、シンガポールスリングを飲んでみたいとのことで、ロングバーではないけど、ムーディな中庭で飲むことになりました。

私は再びシンガポールスリングを注文!ただし、ノンアルコール。
ノンアルコールは、「ヴァージンスリング」と言う名前でした。

トスエスビーにも寄ります。
新メンバーの方は、北海道で食品を扱っている会社の社長の息子さん。この旅、唯一の男性で最年少。
きっと一番辛い思いをしてるんじゃないかな?
女性のパワーはスゴイですからね!
3人以上集まると更にエンジンかかるしっ…ハハ

そんな彼は、ここで高級土産をたくさん買っています。

その姿はまるで、イタリアのブランド街にいるOL。
たくさん紙袋を提げています。
瓶が多いので底が抜けそうなほど重い。

だけど、男の子ですね~。まったく辛そうにしない。
グレートッ!

---------------------------------------------------

STEP 4 マリーナ・センター

うっかり…

「花火が終わってしまった!」

もう、バカ・バカ・バカ…

だ~れも時計見てないし。
まぁ、ラッフルズをのんびり堪能したから良いね。

マリーナセンターのホーカーズを目指しますが…
人がすごーい!

「もう、ここでいいやぁ~」
と思って入った海沿いの眺めの良いオープンテラスなカフェ。
ルービー注文したら、アルコールは置いていないと言われ…
だから、カフェなのですね。

Photo_169

これ、噂の「サテー」ね!
まぁ、焼き鳥みたいなもんです。
スパイシーなたれや甘いたれをつけていただきます。

Photo_170

普通にイカリング!
チリソースとトマトソース、それから甘辛のたれもついてきました。

Photo_171

久々にパスタ。
だけど、めっちゃ辛いっ☆マジで辛いっ

今日は1日とても長かった。
市場に行ったのが今朝のこととは思えない。

とっても長くて充実した1日でした。

今日もグッスリ。

| | コメント (0)

2007年7月27日 (金)

7/14「フラトン・ホテル」

昼食後は、「フラトン・ホテル」でキッチン見学&ハイティー体験。

Photo_158

まずは、キッチンへ!

すごい。高級ホテルの裏側を見れるとは…!

「フラトン・ホテル」ですが、誕生したのはつい最近。
2001年に開業。

中央郵便局、商工会議所などに使われていた歴史的建造物を改装したそうです。

なので、厨房の作りも思うように行かず、かなり効率が悪いのだとか…こんな忙しい時間帯に見学させてもらって申し訳ないです。

更に歴史を遡ると、当初は英国人のタウン・ホールだったそうです。

フラトンホテル周辺は「ウォーターフロント」と呼ばれており、このエリアは特にイギリス植民地時代の風情漂います。
(想像ですが…)

Photo_160

私が感じたシンガポールと言う国は、東洋と西洋の融合が50:50ぐらい。すごいっ!こんなバランス、世界中探してもここだけじゃないかな?

ヨーロッパ好きの東洋人、アジア好きの西洋人が楽しめる国ですね♪場所によっては、白人が多くて一瞬「ここは欧米かっ?」と迷います。ハハッ

Photo_159

吹き抜けのロビー。
空から光が射しています。

ラッフルズ・ホテル同様、こんな素敵なホテルで過ごせて幸せ☆
夜は現実(ヒデキホテル)に戻りますが…。ああぁぁ

※ハイティーとは? 

シンガポール流アフタヌーンティーのことで、紅茶と一緒にお菓子やフルーツ、飲茶など軽食類も楽しめるのが特徴です。

19世紀に東インド会社のイギリス人「スタンフォード・ラッフルズ卿」がシンガポールに上陸したことで、イギリス上流階級の生活スタイルが流れ込んだそうです。

英国式とビュッフェ式があり、お店によって違うので、事前に確認した方が良いですネ。

フラトン・ホテルは英国式でした。
開放的な吹き抜けロビーにある「コート・ヤード」にて。

Photo_161

この3段のスウィーツ、見てるだけでも楽しめます♪

下の皿から順番に食べて行くそうです。
私は、ピリ辛で魚ペーストが乗っているミニタルトが美味しくでおかわりしちゃいました。これはキリがない…
ギャル曽根が来たら大変なことになりそう。。。

Photo_163 

Teaは「キールロワイヤル」をオーダー
カクテルとは違います。
ハイビスカス、ブラックベリー、ピーチなどのブレンドTeaです。

優雅な午後のひとときでした。
このままここに泊まりたい…眠りたいZzz…

東インド会社で思い出したけど、「パイレーツオブカリビアン|ワールドエンド」の舞台がシンガポールでしたね、、、旬でした!
(正確には、カリブ→アジア→世界の果て)

Photo_157

最後にフラトンのフレンチシェフと記念撮影☆
うわぁっ、かっこいい~♪
私、顔出しはNGですっ…☆で隠させて。

| | コメント (0)

2007年7月26日 (木)

7/14「at-sunrices」其の四

学校2日目の調理実習スタート!

まずは、タイシェフ(女性)による東南アジアサラダデモ。

調理は二人一組でやっています。
私は1日目、現地から参加の方とご一緒させていただきました。
その方は、1日体験だったので、本日はいません。
どうしましょう…?

わぉっ!今日は先生とペア♪

なんだか、色々経験させてもらってますっ。
しかし、英語NGな私で良かったのかしら…?

めっちゃ笑顔でボディーランゲージ。
これが私の武器☆

さぁ、本日作った料理はこちら!

--------------------------------------------------

ポメロ サラダ
タイ料理

Photo_147

ポメロって、文旦と同じ品種です。
国内だと、九州に「サワーポメロ」と言うものがありますが、こんな風にピンク色ではありません。

Photo_154

見た目はスウィーティのようですね。
赤ちゃんの頭くらいの大きさで、外皮が厚く、実はグレープフルーツのルビー種のようですが、酸味が少なくサラリとした味。
なので、サラダにとっても良く合います。

--------------------------------------------------

グリーン パパイヤ サラダ
タイ料理

Photo_148

このグリーンパパイヤのサラダ、ピリ辛でとても美味しく、作った料理の中で、一番印象に残っています。
食感が「切干大根のようだ」と母が言っていました。
確かに、代用できそうです。ハハハ

--------------------------------------------------

バナナの花のつぼみとチキン&エビのサラダ
中国料理(福建)

Photo_149

バナナの花びらを舟にしています。
このサラダ、一番驚きました!
バナナの花を食べるなんて…

Photo_153

学校内のガーデンでパシャリッ☆

バナナの花は初めて見ました!
キレイでかわいいピンク色。

Photo_152

新鮮な花はこうして生でいただけます。
何枚もめくって、まるで筍みたい…

中の小さなつぼみを食べるのですが、さすがにそのままだと渋くて、水にさらして箸を何本も重ねてシャリシャリします。
こうすると、えぐみ成分が箸に絡んでよく取れるんですよ!
何かのおまじないみたいで面白かった!

味は、ほんのりバナナ味がしますっ!当たり前か、、、

味付けが良くて、とても美味しくいただきました。
えぐみが全く気にならない。
バナナの花は手に入らないけど、このタレは真似したい☆

--------------------------------------------------

クレイポットライス
中国料理

Photo_150

一人用の土鍋で簡単に出来ちゃいました。

甘い中華ソーセージが味の決め手です。
中国では、冬になると、どこの家庭でも中華ソーセージが吊られてるそうです。

新潟で大根が吊られてるのと一緒だ!

ジャスミンライスを使っていますが、この料理はコシヒカリ+もち米で炊いた方がいけると思う。

Photo_151

最後はテラスで試食会。これが楽しみ♪

全部食べたかったのですが、みんな食べるの早ぁっ~
私、いっつもビリで、最後にいっぱい口に詰めてますっ
だけどね、こっちの料理ってスパイシーで強烈!
辛かった…(泣)

Photo_155

朝、市場で買ったフルーツ!
ドラゴンフルーツ、マンゴスチン、マンゴー、ライチ、ロンガンをいただきました♪

母が「漬物みたい」とボヤいておりました。
確かに……。

雰囲気台無しやんっ!

フルーツの感想ですが、冷静に判断するとマンゴー以外はそんなに…よっぽど、国内産のフルーツの方が美味しいですよ。

「日本人で幸せだ!」と思った瞬間です。

| | コメント (3)

2007年7月24日 (火)

7/14「at-sunrices」其の三

今日も早起き。

昨夜、駅からホテルへ戻る際、ラビリンスなデパートへ入ってしまい、そこから抜け出せず、えらい歩きました。扉を開いても開いても、出口が見つからず…、最初からやり直し。
まるでTVゲームです。結局最後はデパートから出て外の長い階段を上って帰りました。

行きはスムーズに抜けられたのになぁ…

足、かなり疲れたのですが、ここでブートキャンプの効果がっ
キラリ☆ 翌朝スッキリ!実は、このことも予想して鍛えてました。

旅行は事前の準備をするか?しないか?で楽しさが大きく左右されますね。

なんて、立派なこと言ってますが…ハハ

朝食後、ホテル前からバスに乗り、チャイナタウンのウェットマーケットへ!迷子にならないように、全員「at-sunrices」の制服を着て出かけました。

今日は、一流シェフと一緒に野菜・果物の市場見学ツアーです。

Photo_141

うわぁぁ~!スゴイ!スゴイ!お野菜も果物も山盛り☆

5

珍野菜もいっぱい。野菜の仮装パレードやぁぁ~~
残念なのが、ここで買って家に持って帰れないこと。

6

こんなん近所にあったら私狂いそう。。。

Photo_142

こんな風にバナナは吊られてます。
ドラゴンフルーツってドラゴンボールみたい。

ここで、食べたいフルーツを言えば、シェフが買ってくれるのだ!
↓私がリクエストしたのがこれ。

Photo_143

「ロンガン」(龍眼)と言います。

中に黒っぽい大きな種があり、それが、龍の眼に見えるということから龍眼と呼ばれるようになったそうです。

ライチのような味を想像していましたが、ライチの方が断然美味しいですね。味はイマイチでした。
誤って、龍の眼をかじってしまったからかもしれません。
苦かったぁ~

Photo_146

こんな風に魚のすり身が野菜に挟まったものがたくさん売っていました。美味しそう♪

次に、肉や魚のエリアへ…

「ぎゃぁぁあ~~」

そこら中にカエルがぁぁーーー!!
スッポンもいる!勘弁してっ あわわわわ…

Mさんたら、きゃぁ~きゃぁ~言ってるワリにしっかり写真撮ってますよ!知り合いに見せるんだとか…(笑)

私は逃げました。迷子になる覚悟で逃げました…
ピチャピチャ何かが飛んで来るしっ、、、

マーケットの隅まで逃げた私は見てしまいました。

Photo_144

裸にエプロンです。
ワイセツ画像ギリギリです。キケン…

おおっ!みんなもこっちに来ている。
ありがとう。裸の大将ッ!

思ったよりも時間があるのでここで休憩。

Photo_145

甘いものがニガテな私は見るからにスッキリしていそうな7番の葡萄紅茶を注文したのだが…

「あまーーーーーっい!」

嘘でしょぉ?もう、てんやわんやです。

シンガポールの市場はとても甘辛く、刺激的でした。

買い物の後は、学校で東南アジアサラダデモ&調理実習&購入したフルーツの試食です。

毎日美味しいことがいっぱい♪うふ

| | コメント (0)

2007年7月23日 (月)

7/13「おでかけ」其の一

午後はフリー。

さて、初シンガポールでどこへ繰り出そう?
出発前にたてたプラン通りに行くとするか、、、

---------------------------------------------------

○本日のコース

「ラッフルズ・ホテル」
ロングバーでシンガポール・スリング

 ↓

「アラブ・ストリート」
アジアン雑貨・生地のお買い物

 ↓

「リトルインディア」
バナナリーフアポロでフィッシュヘッドカリー

---------------------------------------------------

ソムリエ仲間さん二人が私のプランに便乗したいということで、私の母も含め4人でのお出掛けになりました。

まずは両替から…
一応、レートも出国前に確認しました。
一番レートがいいのは街の両替商なのですが、電車乗る前に見つからず、銀行で両替をすることになりました。

心配なので、英会話が堪能なMさんについて来てもらいました。
(※銀行だとパスポートが必要です。あと、手数料も取られます。)
ちょっとしたサインをする用紙に名前と宿泊しているホテルの名前を記入!

うわぁっ、なななななんとっ!ホテルの名前
うっかり、ヒデキのYMCAと書いてしまったではないか…あぁ…

正しくはYWCAです。

到着した夜、悪い予感はしてました。
バカん、私。

Photo_131

地下鉄MRT「ドービー・ゴート駅」

ここを拠点として、動きました。
比較的、目指すエリアへ行きやすくとても便利!

ホテルからも近いっ。

駅に入るとまず驚いたのが、

エスカレーター速ぁっ!!

もう、「どんだけ~~?」をみんなで連発してました。
これじゃぁ、お年寄りやちっちゃい子は絶対乗れません。

長縄飛びに入る瞬間のあの感じを思い出しました。
日本人てのんびりしているのでしょうか?

次に切符を購入。

案の定、簡単には行かず…
表示金額が0.9$なのに、1.9$取られちゃうの。
なぜ~~?

この時は気が付かなかったけど、帰りに切符を券売機に入れてみたら1$返金されました。

シンガポールは切符を無駄にしない国なんですね!
再利用ですよ。その分、切符もカード式で立派なものでした。

自動改札も、suicaと同じでピッとかざして通ります。
私はsuicaを使ったことが無いので嬉しかった。
こんな感じなのね?フムフム…

Photo_132

駅構内のようす。

線路に落ちないしくみにしってます。
日本の地下鉄も全部こうなればいいのに…

Photo_133

「シティ・ホール」駅到着!
外に出ると、こんな感じの洒落たバスが走っています。

-------------------------------------------------------------

STEP 1 ラッフルズ・ホテル

まずは、シンガポール・スリング発祥の「ロングバー」がある「ラッフルズ・ホテル」を目指します。

Photo_134

なんか素敵ぃぃ~♪

昼間っからアルコール入れちゃいます。

Photo_135

ロ~ングなカウンター!雰囲気あるね~
ここで、「あちらのお客様へ!」ってやったらかっこええな~

どこもかしこも、み~んなコレ飲んでますっ!
つーか、ピッチャーに入ってるの見ちゃったんですけど…
いいのか?

ところで、このシンガポール・スリング!
驚きの価格でした。

日本円にして、1杯1,900円くらいです!高っ
サービス料めちゃくちゃ取られてるみたいだけど…
でも、雰囲気楽しませてもらったので、見物料としてOKっす!

ここでは、床にピーナッツの殻を投げつけるという流儀があるそうで、床が殻だらけ。面白いっ
日本だったら、枝豆のサヤを落とせばいいのか?でも、バナナの皮のように滑りそうできっとムリ。

Photo_136

ラッフルズ・ホテル・アーケードの中庭です。
ここでもロングバーのシンガポール・スリングが飲めます♪

流れる時間がなだらかで優雅な雰囲気。

アーケード内の「トス・エスビー」でお買い物。
ここは、ラッフルズ・ホテルで使われている高級食材などが置いてあります。
店員さんが試食にと、チョコやスナックを持って来てくれます。
素敵なお店だね~♪

結局、店内に入ったのはここだけ。
でも十分ラッフルズを堪能しました。

あ~あ、ここに泊まりたいなぁ…

-------------------------------------------------------------

STEP 2 アラブストリート

次にMRT「シティ・モール」駅から「ブギス」駅へ

たった一駅で景色は変わる…

Photo_137

こちらは「サルタン・モスク」
アラブ・ストリートのシンボル イスラム教寺院です。
金色のドームが美しかった。

エキゾチックな街をお散歩。。。

両替商発見!
「もうちょい両替しておこう。」

おぉ、レートが全然いいっ!ここで全部したかったなぁ~

私の母ですが、ハワイアンキルトが趣味で、手先がとっても器用です。ここは母にとって夢のような場所。生地がいっぱい♪

母のテンションが上がり、店に入れば「これ、裏地にいいわね~」を連発。

気がつくと、みんな母の物真似が出来るようになっていました。
みんな母にとっても優しくしてくれて感謝感激です。

旅行好きで、旅行会員券を持っている程の母が「今までの旅行で一番素晴らしかった。」と嬉しそうに話していました。

参加メンバーの方が皆、とても魅力的で素敵な人達でした。
私も大きく心が揺れています。

やってみたいと思ったこと、どんどん挑戦して行こうと、すごく前向きになれました。

-------------------------------------------------------------

STEP 3 リトルインディア

アラブ・ストリートからはタクシーで移動。

Photo_138

タクシーの中からパシャリッ☆

結婚式の車にパレード。
すごく道路が賑わっていました。

さて、本日シンガポール初のディナーです!

南インド料理店「バナナ・リーフ・アポロ」

Photo_139

まず、バナナの皮が配られて、そこへジャスミン風味のフライドライスと、野菜カレーなどが盛られます。

パリパリのおせんべいなどもいただきました。

これは基本のようです。
ここからがオプションで好きなカレーやおかずを注文できます。

私たちはどんな量か想像が出来なかったので、ひとまず有名なフィッシュヘッドカリーを一皿注文しました。

Photo_140

大きいっ!

もう、これで十分です。色んなもの注文しなくて良かったぁ…

味はスパイシーだけど、まだまだいける?って辛さ。
魚の旨みが溶け出しています。
美味しいですよぉ♪

それから、お勧めされるレモンジュースですが、駄菓子屋に売ってるチューブに入ってる練状のものをストローで膨らます風船の味がしました。この説明で分かる?ハハ

ちなみに飲んだみんなは一発で納得してました。
とにかく不味いので注文しない方が良いです。

2日目のシンガポール、充実した素晴らしい日でした。
旅先でもグッスリです…Zzzz

| | コメント (0)

2007年7月22日 (日)

7/13「at-sunrices」其の二

フルーツ・フット・バスでさっぱりした後は、いよいよ調理実習です。美味しい写真がたくさん出てくるよぉ~♪

Photo_121

調理実習室に入ると、試食品が既に用意されていました。
手前がエビ風味、奥はカレー味でイモが入ってたかな?
毎日、用意されていました。日本で言う乾き物みたいなものか?

サクサクっとしてて美味しかったぁ~♪

Photo_122

まず、身支度を整えて…
この制服、もらっちゃいましたー!かわいい♪
でも、どこで着るの?って感じだけど。ハハ

後は、コックさんの帽子をかぶってエプロンしてました。
これだけで、すっかりこの学校の生徒です。

3日間だけど、ちゃんと修了証ももらったし、胸張って「生徒だ!」って言ってもいいよね?

Photo_123

まずは、先生による料理デモ!

奥にいるガーデン案内をしてくれた先生ですが、かなり男の料理です。ココナッツミルクをこぼすわ、飛ばすわ、茹で上がったライスヌードルを器に盛る時、器に入って行かないし…
ヤンチャな動きで面白かった、、、緊張してたのかしら?

手前の中国人の先生はとっても紳士的!もてそう。

先生の説明はもちろん英語です。もちろん通訳付き!
だけど、英語がペラペラで必要無いって人がほとんど…タラ~リ
私も英会話勉強しなくちゃなぁ~ってつくづく思いました。

やっぱり、英会話が堪能だと、先生にどんどん質問できるしネ。
ここの学校にもまた来たいし。

話せる人は結構質問してたけど、私は黙ってひたすら先生の手の動きを真剣に見てました。(ま、それでも何とかなる!)

次に、本日作った料理をご紹介します。
ラクサ以外は全部作りました。
レシピに関しては、後日、私が日本で用意できる食材で再現してからお伝えしますネ。

--------------------------------------------------

ラクサ
ニョニャ料理(マレー系と中国系のmix)

Photo_125

感動しましたー!ラクサペーストが決め手ですね。
ぜひ、家でも再現したい。

--------------------------------------------------

チリ・クラブ
シンガポール料理

Photo_126

結構簡単に作れましたが、食べづらいですね。エビで作ってみようかな?ホント、カニを食べる時ってみんな静かです。

先生はこれが大好物みたいで、試食の時、いっぱい食べてました。

--------------------------------------------------

ブラックオリーブと野菜のフライド・ライス
中国料理(福建)

Photo_127

実を言うと、ミックスベジタブル(冷凍)使っているのですが、私は小学校の給食以来、ミックスベジタブルが大のニガテ。
なんか独特の風味が…、家で作る時は生の野菜を使いたい。

--------------------------------------------------

ボボ・チャ・チャ
シンガポール料理

Photo_128

ココナッツミルクを使ったあま~いデザート

Photo_129

オレンジ色の人参のようなサツマ芋と、こんなヤム芋を使いました。日本だと、里芋で代用かな?

---------------------------------------------------

最後は試食会でーす!

Photo_130

毎回、作った料理を外のテラス席に並べて、先生を囲んでみんなで食べました。

外で食べると断然美味しく感じますネ。
暑いんだけど、風と空気がキモチいい♪

Happy!!

| | コメント (2)

2007年7月21日 (土)

7/13「at-sunrices」其の一

成田空港発NH901便(17:40)→チャンギ国際空港着(23:40)

シンガポールとの時差は1時間。
なので、ホテルに到着したのは日本時間で深夜1時頃でした。

今回宿泊するホテルは、「YWCAフォートカニング・ロッジ」
気が付くと、ヒデキのヤングマンが頭の中へ流れ出す…
深夜にYMCAは元気過ぎ!チャ~チャチャ~~♪

シンガポールと言えば、豪華なホテルを期待してしまいますが、ここは必要最低限なものが揃っている程度のシンプルな宿。

部屋が広いのが、せめてもの救いでしたが…
シャワーが毎日「水」でした(泣)
あとね、部屋入った瞬間、独特の匂いにやられましたー。
慌てて持参したアロマオイル(オレンジ)をティッシュに垂らして部屋に置いたけど、ほんの気休め程度でしたね。

私達が通う料理学校へは徒歩圏内で、学校と提携しているようです。だから仕方ないんですね。
今回は勉強がメインなんだし、ガマン!

----------------------------------------------------

緑豊かなフォートカニング・パーク内にあるシンガポール最大の料理学校「at-sunrice」にて、次の日の朝から早速お勉強。

Photo_115

睡眠時間は3時間程度でしたが、旅先だと、私は頗る元気!
意外にも、この湿度も暑さも心地良い。

学校へ着くとウェルカムドリンクが用意されていました。
これがまた美味しくて、何杯も飲んじゃいました。ハハ
紅茶にレモングラスを漬け込んだもので、アイスレモンティーのような味。砂糖が入って甘くなっていました。疲れがとれますネ。
家でも真似したいです。

さすがシンガポール最大の料理学校です。
ワインセラー、各種ワイングラス、テーブルセッティング、西洋料理、東南アジア料理、中華料理…いろ~んなお部屋があります。しかもみんなお洒落☆

テンション上がる~~Photo_132

学校案内の後は「ハーブ&スパイスガーデン」へ

Photo_118   

先生がハーブ&スパイスの入ったカゴを持ちながら、ガーデン内を丁寧に案内して下さいました。

最初にね、レモングラスの入った先生オリジナルの虫除けを腕につけてもらいました。すごーくいい香り。
こんな虫除けなら毎日つけたい。

Photo_119

先生やっぱ、濃いですよね?東南アジア系です。
後ろの方は植物を管理されていました。
外のお仕事柄、真っ黒ですね。

ターメリック、カレーリーフ、ナツメグ、パンダンリーフ、ジンジャー、コリアンダー、ワイルドペパー、ラクサリーフ、クローブ、バニラ、ライム、カカオ…

もう、い~っぱい見て、匂いを確認しながら歩きました。
先生がすぐにちぎってくれるから、香りの良い葉は今もバックの中に入っています。

Photo_116

↑ガーデン内のレモングラス
日当たりの良い場所では大きく育っていました。

家の庭にも植えなくちゃ…

ガーデンウォークの後は、フルーツの皮を使った「フット・バス」

うかつにも、デジカメの操作を誤って画像を消してしまいましたー。
すごく色鮮やかでキレイな写真だったのですが…残念。

どんな「フット・バス」かと申しますと…

要するにフルーツ食べた後のゴミの再利用ですね。
地球に優しい!エコエコ

フルーツ酸が足の角質を柔らかくしてくれるし、たっぷりのビタミンCでホワイトニング効果も☆

フルーツの皮を足で踏み踏みして、出てきた果汁をすり込んで、最後にお水の入ったバケツでさっぱり。
次の日まで、足が滑々していました。

これからスイカの皮やメロンの皮、グレープフルーツにレモン!
み~んな捨てないでとっておこうと思います。

Photo_120

この景色、もう既に懐かしい。
緑の多いシンガポールに大変癒されました。

| | コメント (0)

2007年7月20日 (金)

7/12「出発」

東京駅

伊豆からやって来る母と東京駅で待ち合わせ。
案の定、待ち合わせ場所に母の姿は無く…

携帯電話を持っていない母との待ち合わせは本当に大変っ!
東京駅の案内も分かりにくいし。
中央口と言っても何種類もある。
もっと分かり易く番号表示などにしてみてはどうだろうか?

公衆電話を探すと、そこに母の姿がっ!
この方が早い。

----------------------------------------------

お昼ごはん

新丸の内ビルで昼食をとる。

070712_124502

**無国籍蒸し料理MUSMUS** 新丸の内ビル7F

飛行機乗る前なので、「胃に優しい食事を…」と考えてここに決めました。
以前、TVで「全ての料理が蒸し料理」と紹介されていて、とても気になっていました。

色々と選びたかったのですが、お昼はセットランチのみでしたー。
4種類の中から私は豚肉を蒸してポン酢ベースのたれをかけて食べるものをチョイス。

正直な感想を申し上げますと…
お店の人には申し訳ないのですが、これって普通に家で簡単に作れますね。

だけど、東京と言う場所柄、野菜不足&胃腸弱の忙しいビジネスマンの体にとても優しいと思いました。

もっと気軽に入れる場所で、スタバのように色んな場所にあると良い気がします。

070712_124501

野菜をサッと蒸しただけのもの。
シンプルに自然塩でいただく。
野菜は九州産で採れたてらしい。

この蒸し野菜サラダは全てのセットランチに付いていました。
どうやら、これが人気のようです。

席も満席で賑わっていました。
客層は女性ばかりでしたが…
男性は満足いかない内容かもしれません。

健康のことを考えるならば、こうゆう料理が一番なんですけどね…

やっぱ野菜はオイスィ♪
ほっとするネ。

-----------------------------------------------

成田エキスプレス

成田エキスプレスで成田空港第一ターミナルへ向かう。

この路線は懐かしい。
私が東京で約5年間使っていた横須賀-総武快速線。
相変わらず長いエスカレーター。
たまに吸い込まれそうになる。

人がほとんどいない階段。
昔、ここから私は転げ落ちた。
幸い、転び方が完璧で、1回転して着地成功!
回転レシーブが得意で良かった…

成田エキスプレス到着。
全席指定席なのに、なぜ?私の席に誰かが座っている。
一度電車を降りて、駅員さんに確認。

間違っていない…

もう一度自分の席に向かい「すみません」と声をかける。
すると、コソコソと逃げるように、謝りもせずその場を去る女性が二人。

どいてくれたから別にいいけどさ、なんか気持ち悪い。

こうゆう人、多いのでは?だって車掌が切符の確認来ないし。
もっとしっかりしてくれJR!!

-----------------------------------------------

空港にて

出会いましたーっ!今回の旅のメンバーと。
まるで「あいのり」の気分です。
男性は1名だけでしたけどネ。

思ったよりも人数は少なくて、北海道や佐賀などみんな遠くから集まりましたー!

ワクワク。。。

| | コメント (0)

シンガポール日記「予告」

本日からしばらく「シンガポール日記」をお楽しみ下さい。

◇予告

7/12 出発

7/13
・ハーブ&スパイスガーデン・東南アジア料理・おでかけ1

7/14
・ウェットマーケット・東南アジアのサラダ・ハイティー・おでかけ2

7/15 ビンタン島

7/16
・フュージョン料理・ベジタブル&フルーツカービング・おでかけ3

7/17 帰国

自分にプレッシャー与えちゃいました。
本当に、こんなに書けるかなぁ?でもね、すごーく充実した日々でした。私の記憶に鮮明に残したいので、細かく覚えてるうちに書いて行きます!

| | コメント (0)

2007年7月18日 (水)

From にいがた

帰って来ました~! なんとかネ、、、

そんなことより、地震ですよ!地震!

私は帰りの機内で知りました。
英字新聞を読む賢い仲間に「新潟地震だって~!」と教えてもらったその時は、口をポカーンとして機内のニュース映像を見ていました。

最初、「なんで今頃中越大地震のビデオ流すの?」って思ってました。それぐらいビックリ。どうしてまた新潟なの?中越→上越と来たら、次は下越に来るのではないか?プレートがどうなってるのか?マジで研究者の話を生で聞きたい。
あー、くわばらくわばら…

柏崎と言えば、ショムニ…いや、原子力発電所がすぐに思い浮かびました。いつもね、ここにテポドン飛んで来たらヤバーイと思っていたので…

放射能とかマジで怖い。

チェルノブイリのようになったらどうなるのぉ~

私なんかよりも、被災地の皆さまの方が心配ですね。
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

そういえば、田中角栄元首相の墓も全壊したそうです。

「呪われた新潟県」
と、呼ばれるのも分かります。

いつか、呪いを解かなければ!

ナントカ?ヒーロー助けて~~
(※私的には、タッキーのような容姿を想像中。)

明日から、ボチボチとシンガポール日記を書きます。

とりあえず、無事帰国できました。
成田に着いて携帯の電源をONにしたら、友達から安否確認のメールがたくさん来ていて、ジンワリ涙ぐんじゃいました。

みんなありがとう Kaeru_1

| | コメント (2)

2007年7月11日 (水)

スーツケース物語

いよいよ明日出発になりましたー

台風が接近してるみたいなのでちょっと心配。

昨日、成田空港にスーツケースを送りました。
それでね、今まで使ってたスーツケースに荷物を詰めていたのですが…

デカイ。

デカ過ぎなんじゃ?

急に恥ずかしくなって来て、集荷時刻の45分前に、ジャスコへGo!!

今まで海外旅行と言えば、ヨーロッパだった私。
近場の韓国へはスーツケース持って行かなかったし。
まぁ、気がつくと海外旅行も7回目(自分でもちとビックリ。)

もう、スーツケースの元はとっただろう…
しばらくヨーロッパなんぞは行けないだろうし、旧スーツケースよさらば。

そして、店に入ること5分でこの白いスーツケーツを購入しました。

これぞ 衝動買いっ!

Photo_114

この子はスタイリッシュで軽快な動き。

グリスパックタイヤと言って、スムース走行が長持ちするらしいです。

おまけに「TSA LOOK」仕様で、アメリカ方面も得意。
やっぱ、鍵かけられないスーツケースは怖いですからね。

…ってことで、大慌てなスタートを切りました。
6日間、何も無いことを祈ります。

私は、17日に帰国して、成田に一泊してから帰って来まーす!

今回は、母親を連れて行くことにしました。
私に野菜の素晴らしさ、心のこもった手料理の大切さを教えてくれたのは母だし、きっと料理学校の実習なんか楽しんでくれると思います。

親孝行はできる時にしないと後悔するからね。

父親も無事、退院しました。
夏休みには、プティを連れて伊豆へ帰ろうと思います。

私の父は犬が大好きなんです。
私の動物好きは父親譲りです。

私が子供の頃は、まだ放し飼いの犬も多く、よく道路で車に跳ねられている姿を見ました。

そんな時、みなさんならどうします?多くの人は、見て見ないフリをして、その場を立ち去りますよね?

私の父は違いました。

見つけるとまず、繰り返し車に轢かれないように安全な場所へ移動させ、家にあるいらない毛布などをかけて、保健所に電話をしていました。

私は子供時代、親のことで散々悩まされていましたが、両親共に尊敬できる部分を持った人でしたので、離れ離れで普通とは違う生活だったけど、満足しています。

普通じゃないことで、更に多くのことを学べたしね。

な~んて、マジメな話を書いていますが、一応、海外行くと何があるか分からないので後悔しないように感謝の気持ちを書きました。ハハッ

私のことだから、きっと面白いことになるかと思いますが…
命だけは落とさないように無事帰国します!(って大げさ~)

つーか、シンガポールは日本よりも治安が良いらしいので、いっぱい楽しんで来まーす♪

では、また来週~ Kkya_16

| | コメント (0)

2007年7月 9日 (月)

シンプルなつまみ

実を言うと、私、お酒弱いんです…
なので、昔から外ではなるべく飲まないことにしています。
常に飲んでる人と同じテンションなので問題無いし Kkya_15

でもね、夕飯作りながら、ちょっぴり飲みたくなっちゃうんです。
これって、いわゆるキッチンドリンカー?
でも、依存はしてないです!

ワインだったら一杯。缶ビールだったら350mlをちょっと残すくらいかな?少量のお酒は体にもいいって言うしネ♪ ホントかなぁ?

今日は簡単なつまみをご紹介します。

Photo_112

ずばりっ 焼きナス!

フライパンにゴマ油を敷いて焼きました。
皮が全部付いたままだと歯触りが悪いので(キュッキュッします。)
皮も残しつつ上手に剥いて下さい。

醤油+ラー油でいただきますっ

これだけなのに、すんげウマイっ!

------------------------------------------------

もう一品っ!

Photo_113

豆モヤシのナムル

私、豆モヤシ大好きでーす Photo_131

焼肉屋では必ず注文します。
モヤシは安いのがいいよね?

味付けは、ゴマ油、豆板醤、生ニンニクのすりおろし、酢、醤油、白ゴマです。

あ!モヤシは一度茹でて下さいね。

そういえば、ここ半年以上!焼肉屋に行っていない…
信じられないっ。 行きたいよぉ~

| | コメント (0)

2007年7月 8日 (日)

夏野菜のパングラタン

やまやで「淡麗グリーンラベル」と「金麦」をダンボールで買い、それを車までカートで運んでる自分が突然面白くなってニヤニヤしていたぷっちーです Kkya_14 Beer_7

いや~、しかし、ダンボール買いはお得ですよ!

さて、こちらは先週作った「夏野菜のパングラタン」

Photo_109

先週は野菜のストックが豊富で、一気に使っちゃいました。

Photo_110

シシリアンルージュ、カボチャ、ナス、しめじ、パプリカ(赤・黄)、ブロッコリー、ベーコンをオリーブオイルでニンニクと一緒にさっと炒めてから耐熱容器に移しました。

サイコロ状にカットした食パンをバランスよく並べてます。

Photo_111

ホワイトソースは、バターで玉ネギを飴色まで炒めて、そこに小麦粉を入れてよく炒めます。

その後、牛乳を少しずつ加え、最後にコンソメと塩・コショウで味を調えて出来上がり。

今回は、卵と生クリームも混ぜたので、キッシュ風ホワイトソースになりました。

要するに、2番目の写真にこのソースとチーズを乗っけて焼くと1番目の写真になります。

いつも説明が大雑把でごめんなさい。

さて、相変わらず、頭の中はシンガポール一色なのですが…
フリーの日が丸一日あって、せっかくなので美しい海を見に、ビンタン島へ渡ることに決めました!

ビンタン島はインドネシアになるので、もう1カ国と言うことになります。

シンガポールからフェリーで55分なんですよ。
日帰りで冒険しちゃいます♪ワクワク

| | コメント (0)

2007年7月 6日 (金)

シンガポールスリリング

突然ですが、来週シンガポールへ行ってきます。

Photo_108

玉木宏かっこいいなぁ…Photo_130 声が抜群にいいよね~

今回の目的は、野菜ソムリエの研修。
シンガポールの料理学校「at-sunrice」にて、3日間お勉強をしてきます。

シンガポールは「ガーデンシティ」「グリーンシティ」と呼ばれ、東南アジアで最もモダンで綺麗な国と言われているそうなので、ガーデン好きな私としてはとても楽しみ。

美しい景色をしっかり目に焼き付けてきますっ Knico2_8

しかし、赤道直下で紫外線が恐ろしい。。。
日焼け対策に、フリータイムの過ごし方などなど…
今は、準備で頭の中がいっぱい。

ホーカーズ(屋台)とか、シンガポールのスリリングな夜もワクワクします。シンガポール・スリング発祥の「ロングバー」も必ずチェキらなければ。

最近流行の鉄道女じゃないけど、私、現地の地下鉄に乗るのが好きなんです。パリの地下鉄なんか、かなり利用しましたよ。
東京の地下鉄より分かりやすいし。ソウルでも、旅行会社が用意してくれる送迎を断ってまで地下鉄を利用しました。
路線図見ると興奮するっ!

観光や買い物もいいけど、せっかくなら、現地の生活を近くに感じたいと常々思っています。

私、大きな旅行の前は準備を徹底して行うタイプなんですよ。
(普段は行き当たりばったりなクセに。)

人よりも多いであろう?現地での失敗を想定して…これ大事!

ANAのサイトを見て、機内食までチェックしてしまいました。
これは必要ないか?ハハハッ

さて、今日のお弁当。

Photo_106

カレーのそぼろ弁当です。

最近、弁当箱がぶち壊れてしまったので、ダイタイソーで100円弁当箱を買いました。小さくて困ってます。ギュウギュウ詰め込んでごはんがペシャンコ。

これをきっかけに胃袋が小さくなればいいなぁ。

話は戻りますが、シンガポールの料理学校に併設されている「ハーブ&スパイスガーデン」の見学がめちゃくちゃ楽しみなんです♪

料理にとって、ハーブ&スパイスは魔法の粉です。
最近じゃ、和食にも「柚子コショウ」が定番になってきましたね♪

私はポークステーキに柚子コショウつけるのが好きです。
↓こんな感じ。丼に盛っちゃったー♪

Photo_107

あ~、おなかすいてきたー。

| | コメント (0)

2007年7月 4日 (水)

ワンコもつらいよ…

なんだか天気がドンヨリしていてキモチ悪いですねぇ…

ここ数日、プティは「分離不安症」と戦っています。
これは、飼い主の責任です。

見て下さい。
仕事中も、こんな側に…ちょっと笑えるけど。

Photo_105

可愛がるのもほどほどに。

分離不安症と言っても、プティの場合、問題行動は起しません。
ただ、誰かが側にいないとピーピー悲しい声で泣きます。

どこへ行く時も小さなワンコの人形をくわえています。
これが無いとダメみたいです。

そして、私が座ると必ずくっついて来ます。
人形と私でプティを挟んでいると落ち着くようです。

実を言うと、これは、初めてのことではありません。
半年に1回くらいのペースで、1週間ほどで治ります。

ワンコってとてもデリケートなんですよ。
聞きたくない音まで聞こえちゃうし、最近ひどかった近所の病院から聞こえる声に反応してしまったのかもしれません。

こんな風に、原因は特定できないけど、何かしらの恐怖を与えられた時、分離不安症になります。

このもろさ、私がいつも可愛いからって撫で過ぎなのかもしれない…

分かってはいるけどさ。可愛くてつい…

だけど、我慢します。
プティと少しずつ距離を置きます。

でなきゃ、プティがストレスいっぱいでかわいそう(涙)

最近「うつ病」が増えてるって聞くけれど、これも結局、親の責任なのかもしれないですね?

私は、超おっかない母ちゃんに育てられたので、多分「うつ」にはなんないな~
しかも、うちの母ちゃん、私が小学生の頃、家出てったクセに、子供に一言も謝らないし。

ずっと、「大人になれば分かる」って言い続けていました(笑)

こんな私も、中学生でバリウムを飲むほど当時はまいってたんですよぉ~。
でもね、若い頃にそんな試練を与えられたせいか?大人になってからが楽でした。  あ、バリウムじゃなくて… 

私も、可愛がるばかりでなく、凛とした態度で愛情を持って育てたいと思う。

な~んて、子育てについても語ってしまいましたが、私の所へコウノトリはやって来ないのか?

| | コメント (0)

2007年7月 2日 (月)

キャンプシーズン到来!

キャンプと言えば、今はビリーのことですよ!

本日は最近何かと話題のブートキャンプについて書いて行きますネ。私の周りの人も、続々と入隊中です。

より効果を出すための3ケ条(DVDに入ってました。)

その1.最後まであきらめずに続けるべし!

その2.筋肉に意識を集中するべし!

その3.栄養管理をしっかりすべし!

※食事は1日3食きちんと摂る。朝多め、夜少なめがベスト。
キャンプ中は鶏肉などのたんぱく質と野菜中心の食事。

好きなビリーの言葉(ビリー・ブランクス.netより)

私の人生は、私自身の「決断」によって自由に変えることができる。

努力を伴わない「信念」は無価値である。

私が今いる場所は、私の「心の状態」に導かれた場所である。

「多くを与えるもの」には、より多くが与えられる。

自らが信じるものを知っていれば、「無限の可能性」が与えられる。

こうゆう強めのロックな感じがとても好きですねぇ… Kkya_13
ビリー素敵です☆

次に、私のキャンプコースはこんな感じです。

1日目「基本プログラム」(約55分)

まず、テンポの速さに驚き!
ここ数年、全くスポーツをしていなかった体が悲鳴をあげる。
これが基本と言われたら、正直逃げ出したい…
上半身の筋力はほぼ無いので、ビリバンはお手上げ。

「最初の20分は誰でも出来る。」とビリーが挑発してきます。

2日目「基本プログラム」(約55分)

実は、キャンプインする前に基本は3回ほどやっていたので、筋肉痛は無しです。
不思議なことに、回数を重ねるとそれなりに出来るようになるんですよぅ。でも、腕立てはやっぱり途中で膝ついちゃいます。

3日目「応用プログラム」(約55分)

ビリーが変な帽子をかぶっていて、それを投げるのが笑える。
あと、シェリーにキックされて倒れるパフォーマンスも。

応用は腕立てが長いんです。ここはちょっと休憩ですね…
正直、畳一畳分のスペースではムリでしょ?と思う動きがあります。

最後の方、お尻がつるのでご注意!

4日目「応用プログラム」(約55分)

ビリーの斜め後ろの人がビリバン使えてないっ…にも関らず、ビリバン使わなくていい所で使っている。な~んてことを、観察できるほど余裕が出てきた。

ビリーの「動くと服がずれる。」の字幕に思わず笑みがこぼれてしまう。
ショップジャパンのCMのように吹き替えがあっても面白いかも?

5日目「腹筋プログラム」(約35分)

こちらもキャンプイン前に2回やりました。
最初やった時はお腹がつるわ、脇腹痛いわでヒリヒリしてました。

私が唯一ついて行けてるのは、この腹筋プログラムでしょうか?
気が付くと、何種類か動きを覚えて暇な時にやってます。

しかし、基本、応用と時間が長かったせいか?35分では物足りず、コンバットキックやスクワットをプラスしました。

6日目「腹筋プログラム」(約35分)+「最終プログラム」(約30分)

やっぱり物足りないので、続けて最終もやってしまいました。
最終は更にテンポが速くなります。
私がどうしても出来ないのが、パンチしながらももを左右交互に上げるやつ。
私、リズム感がありませんーっ Kgarn

7日目「腹筋プログラム」(約35分)+「最終プログラム」(約30分)

最終も短いので腹筋も合わせる事にしました。
やる気マンマンですよね?私、どんだけ~~?

7日間終えた結果発表~

☆腹筋の二本の縦線がはっきりしてきた。
☆背中&脇腹がスッキリ
☆太もも&二の腕がほっそり
☆バスト&ヒップアップ

わ~い!嬉しいことだらけ。
毎日続けてみたいけれど、時間的にあまり余裕が無いので、1週間集中プログラムを月1で続けて行こうと思います。

以上、私のキャンプはこんな感じ。あなたは?

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »